【武田邦彦】レジ袋が一番のエコ

今回は、武田邦彦先生が2020年8月1日にヒバリクラブで「レジ袋」について解説してくれています。動画で見たい場合は下記からご覧ください。

時間がない場合は、文字起こしをしていますので動画下の文章をご覧ください。多少リライトしていますが、主旨は変わらないようにしていますので、最後までお付き合いください。

レジ袋有料化について


今回は、レジ袋についてです。私も多くの人もそうですけど、あまりに日常的なことなのでレジ袋有料化は影響を受けるものです。

経産省が罰則付の省令を作ったのはひどいですし、私たちも袋を持ち歩くのは、めんどくさいですから。ただ、今まではそういう事柄をこの国に希望をもって、なおそうと考えていました。

 

しかし、今回からはヒバリクラブですから簡単です。私たち自身がよく事実を知って、明るいきもちで楽に生活することをやればいいんです。

まず、石油はたっぷりあります。シェールオイルやシェールガスも含めますと、私の見解ですが、石油は4000年はあります。

 

これは、世界の資源学会もだいたい同じようなもんだと思います。日本だけが特殊なこと言ってるんです。

4000年も経てば、石油も使わなくなってます。石油を使い始めたのが1900年で、まだ120年しか経ってないわけですから。

 

NHKがとにかく石油がなくなる。30年でなくなる。30年でなくなるって言い続けてきたわけですから。NHKも訂正することありませんし勘違いしてしまうんです。

しかし、石油はありますし、プラスチックは分解します。実験したければ、庭にレジ袋をつるして1年もたてばボロボロになります。

 

プラスチックは、鎖なんです。長い鎖です。だから、一箇所切れたら半分になり、2カ所切れたら1/3になるんです。

ですから、どんどん切れていってボロボロになるんです。ボロボロになってくると今度、微生物が食べやすくなってくるので、またさらに食べボロボロになります。

 

石油はプラスチックの原料でたっぷりあり、プラスチックはどんどん分解するんだから、何の心配もありません。

先日、NHKが外でも分解するプラスチックが開発されたと、ウソのような本当に見える話を流してました。

 

1980年代に、ものすごくたくさん生分解性プラスチックが開発されていますから、その二番煎じにしか過ぎないんです。

しかし、そんなことは絶対報道しません。嘘を報道したいんです。でも、これはヒバリクラブなんで問題ないんです。何も心配がないんです。

 

お金が欲しい人がいる。嘘をつきたい人がいるということを納得しとけばいいんです。このブログは、ヒバリクラブの人が幸福になるためのブログです。

なので、他の人たちがどう考えたって構わないんです。

レジ袋有料化の対策

ただレジ袋が有料になりましたから、どうしたらいいかということはちゃんと考えないといけないという感じなんです。

他人は説得しない。もうアホらしくて、経産省、NHK、政府とか説得してられないというあなたは、次の選挙でレジ袋を応援した人たちを落とせばいいんです。

 

ヒバリ主義は、ポケットにレジ袋を突っ込んでおくんです。エコバッグで一番エコなのは、レジ袋ですから。

今日、新幹線に遅れそうになり、すごい急いでいたんです。他の仕事をしてまして、気がついたら電車が入ってきて、お弁当も買わないといけない状況です。

 

お弁当買ったら、店員の人が気が引けてるんでしょう。キッチンところで、小さな声で、もそもそいってるから「なんですか」って聞いたら、レジ袋が有料なんでって。

そりゃ、あんな簡単なレジ袋3円で売るったらやっぱり気が引けますよ。普通の日本人であれば。悪徳の加担していることは明瞭ですから。

 

私は、「いいですよ」と言って弁当箱だけ持って電車に飛び乗りました。だけど、食べ終わって捨てるのに困ったんです。

だから、どうしたらいいかなと思いました。新幹線、指定ゴミ袋って売ってないんです。だから、ベタベタしたままで、このまま放っておこうと思ったんです。

 

かつて私は、JRの車掌さん聞いたことあるんです。JRが弁当の空を捨てて欲しいとアナウンスしていたので、確認したんです。

JRは、前の人が使ったシートをきれいにして、次のお客さんに渡すのはお客さんの責任ですか。それとも、JRの責任ですかって。

 

そしたら、その車掌さんは「JRの責任です」と答えたんです。正直な車掌さんです。だから、まあいいや。だいたいレジ袋有料ですなんて、言うのですから。

捨てる方法に、せめてゴミ袋を売ってくれていたらいいのですが、ゴミ袋を売ってないんです。だから、降りる寸前まで、ベタベタした弁当をそのシートに置いていたんです。

 

でも、やっぱり角が立つのはよくないと思い、結局最後カバンを持った時点でそのベタベタした弁当を持って、駅の備えつけのゴミ箱に入れました。

あの4分割して入れるゴミ箱です。新幹線の駅の分別の箱です。それから、1回待合室にいるときに掃除の人が来て、4つの箱を一緒にまとめて入れてました。

 

分別しているものを一つにまとめたのです。それは、分別したってどうにもなりません。燃やすんですから。ウソが横行している証拠です。

それは、もう全然今度のヒバリクラブでは問題にしません。やってくれと。我々は、ポケットにレジ袋を突っ込んで、それを使えばいいんです。

 

いずれにしても、石油はたっぷりあって、何も心配もありません。それから、プラスチックは分解しますから残ることもありません

亀の鼻のストローの嘘

コスタリカの亀の鼻にストローが突っ込まれている画像は、私の情報によるとアメリカの学生が遊び半分で、多分お金貰ってると思うんです。

 

こういう情報を確定するのは難しいですが、コスタリカに行って、亀を捕まえて無理やり鼻にストローを突っ込んだものと思います。

亀は野生動物ですから、ストローが鼻に入るまでじっと待ってるなんてことはないです。誰がみても不自然なのです。

 

日本で、海洋に溢れるほどレジ袋を捨てる人いるんですか?いないと思います。小池都知事は、早速、東京都はこれをやるなんて言っていました。

しかし、東京都でプラスチックをそのまま海に捨ててるのは、どこで捨てているのですか?ちょっと、私にはわからないんです。

 

だけどこのヒバリクラブになってから楽になりました。私は、今のところポケットにレジ袋を突っ込んでおくのが一番いいかなと思っているのです。

それで、腹が立った時はもう捨てるときに、レジ袋ないもんですからそこらにポーンと捨てるしかないんです。

 

まあ、掃除する人が大変だろうなと思います。だから今日は、最後にベトベトするゴミはそっと持って行きました。しかし、人間の食べる物は、ベトベトしている時があるんです。

そんな時に、やっぱりレジ袋あると便利なんです。もしかすると、レジ袋有料化を決めた経産省の人は、自分で生活をしてないんではないかと思うんです。それぐらい金持ちなんです。

 

部下か何か買ってくるとか、食べ終わったらなんか企業の人が片付けてくれるんです。きっと。ヒバリ主義で、ポケットにレジ袋を突っ込んでおく。

石油やプラスチックは、心配しなくてよい環境汚染もない石油不足もないっていうことで、明るく生きていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。