【武田邦彦】東京都医師会の消された文書に書かれていたことは?

このページは、武田邦彦先生がよく言う「新型コロナウイルスの発生当初に公表された東京都医師会の文書」について何が書かれていたのかお伝えしています。

動画を見るあなたは、新型コロナの最新情報を今後も伝えていきますのでチャンネル登録お願いします。文字を見る場合は、ブックマーク登録お願いします。

消えた東京都医師会の文書

 

2020年2月13日に東京都医師会感染症危機管理対策協議会という長い名前のがあって、まあ東京都医師会です。

東京都医師会が、新型コロナウイルス感染症に関する都民の皆様へのお願いというのを、ちょうどA4で1枚くらいで、都民の皆様へということで呼びかけているんです。

大体医師会が都民の皆様へと呼びかけるということ自体がかなり良心的なんです。ただ、この裏には日本医師会と東京都医師会の争いだとか、そういったいろんなものがあるんです。

 

そういう細かいことは人間の社会では常にあるということで、そこら辺はあまりここでは言わずに、少なくとも東京都医師会という非常に大きな医師会が都民の皆様へと呼びかけた文書を出している。

1000万人以上の国民に対して呼びかけてるっていうのがすごいです。そして、第1に呼びかけている内容が良いんです。

 

予防策について、「もっとも大切なことは標準的な感染症予防策です。」と言っているわけです。「外出後は手洗いをして、うがいも有効と言われています。」と。まずこれです。

実は、昨日か一昨日かNHKが変な番組をまたやってました。コンピューターを使ってウイルスが飛散する様子を示しています。

 

あたかも、ウイルスが1匹体や喉に付くとそれでもう新型ウイルスになっちゃう、病気にかかっちゃうという印象を与えるような感じだったんです。

実は、最近色々なウイルス学者と話をすると、大体新型コロナウイルスは発病するのに1万匹。何匹と言っちゃいけないんです、本当は。生物じゃないから。

 

だけどそう言った方がイメージがはっきりしますんで、そう言ってるんです。1万匹くらい必要になるらしいです。

例えばどういうことかって言いますと、喉に例えば1匹のコロナウイルスが付いても、我々の体は防御力がありますから、ちょうどコソ泥が出てきたようなもんなんです。

 

そしたら、警察官が出てこなくても街の警備員くらいでも「おい、何やってんだ。」って言えるわけです。

10人くらいになりますと、街の警備員じゃ手に負えなくて、警察官が来て取り締まる。1000人になると、ちょっと警察官じゃだめで機動隊とかになる。

 

1万人にもなるともう軍隊出さないといけない。と、こうなりますんで、それと同じように、我々の体に備わっている防御系を上回るようなウイルスの数が来るといけないんです。

それが大体1万匹くらいというように固まってきました。

 

それで、それとこれと何が関係あるかって言うと、外に出て家に帰ってきた時は、新型コロナウイルスが流行っていれば、手とか喉にウイルスが少しは付いてるんです。

ウイルスっていうのは例えば、皆さん高校の時に習ったと思いますが、モル数っていうのは6×10の23乗個です。10の23乗個でしょ?億あったって、10の8乗個。兆で10の12乗個ですから。

 

10の23乗個って言ったら、兆が2つ重なってさらにまだあるっちゅうわけです。ものすごい数なんです。ですから、空気中にも飛んでるし、そこら辺のトイレにもいっぱい付いてるわけです。

したがって、家に帰ってきたら手とか喉にはウイルスがある程度付いてるんです。例えば感じとしては100匹とか1000匹付いてるっていうイメージで良いでしょう。

 

だから手を洗ってうがいをすると、例えば1000匹付いてるとします。それが100匹くらいに落ちるんです。そしたらもう、ウイルスがいても自分の防御系が防いでくれます。

そういうことを知らない人が「うがいをしても意味がない。」とか言ってるんですけど、あれは全然違って、外出した時の手とか喉とかには、何匹かは付いてる。

 

それを減らすことができるってことです。これも注意してる。それから、咳やくしゃみをしている方はマスクの着用。

他者への感染予防が目的です。(健康で症状のない人のマスク着用の有効性は高くないと言われています。)

 

今東京で外出ますと、ほとんど100%マスクしています。体裁上マスクしてるっていう人も多いんですけど、体裁上してるっておかしいです。

この前警察署がマスクしてない人に、「マスクしなければ運転免許の更新はできない。」と言ったわけです。だけど、警察というのは、皆の噂で行動しちゃいけないんです。

 

警察が皆の噂で行動したらすごい危ないです。例えば、そこに一時停止がある。皆が「こんなとこに一時停止いらない。」って言いますからこれは一時停止っていう看板がありますけど取り締まりしません。そんなこと言っちゃいけないんです。

警察こそ、我々が信頼できる相手なんです。信頼できる相手っていうのは、ちゃんと法律に書いてあるとか、どっかの指導があるとか。

 

現在の指導もこれと一緒なんです。コロナウイルスに感染していて咳が出るような人はマスクしてくださいって言ってるだけなんです。

ていうのは、マスクの効果っていうのははっきりしていないんです。はっきりしていないのは当然で、ウイルスの大きさに対して大体皆さんがしてるマスクってのは穴が300倍くらい大きいんです。

 

ですからなかなか効果ははっきりしないんです。マスクをしている方が良いんじゃないかって言っても良いけど、マスクをするくらいだったら、別にやることはいっぱいあるっていう感じなんです。

だけど、マスクしてない人をあたかも悪人のように言うっていうのは全く非科学的です。

 

こういうことに対しては、政治家とか我々教育者とかマスコミとか知識人とか街の指導者とか、そういう人たちがはっきり言わなきゃいけないんです。そういう勇気を持たないと。

そういう人がマスクしてるんです。昨日か一昨日市役所に行ったら、市役所マスクしてるんです。こんなことあっちゃいけないんです。

 

やっぱり、通達があれば、通達とか法律とか規則があればする。守る。きちっと守る。なければ、ない方を守る。それが大切です。

感染力はインフルエンザと同程度

それから、新型コロナウイルス感染症の感染力重症度診断治療についてと書いてあります。感染力はインフルエンザと同程度かそれより弱いと言われています。

これ今年の2月なんです。2月の中旬なんです。私も同じ感じだったんです。これ、私と東京都医師会が同じなのは当たり前です。

 

その当時の情報というと、中国からの情報、中国人の論文、それから中国人が主にアメリカから出した論文の2月の中旬までの新型コロナウイルスの情報っていうのは共通していました。

それから科学者とか医者が見れば同じ結論に達するわけで、私もインフルエンザと同程度かそれより弱いっていうブログを書いてます。

 

重症度は、通常のインフルエンザの7度と同程度と予想されます。(例年のインフルエンザでも、高齢者や免疫力の低下した方など、重症化し死亡する場合が一定数見られます。)

つまり、普通風邪っていうのは主には老人が死ぬための病気なんです。肺炎が1番そうです。つまり人間っていうのはいつか死ななきゃいけない。

 

若い時死ぬっていったら自殺だと。それから癌年齢。大体50前後っていうと人間が死ぬ時期ですから。人生50年。それで癌になります。

それを逃れて80くらいになりますと、あとは呼吸器系の病気で死にます。主には肺炎なんです。だから風邪と肺炎なんかで死ぬわけです。

 

もし人間が風邪とか肺炎で死ぬことができなければ、ビルから飛び降りなきゃならないから、それも辛いわけです。

私が計算しますと、8月に統計が出てきて計算しますと、コロナで亡くなった人の平均年齢は普通に死亡する人の平均年齢とほぼ同じと言って良いです。

 

ちょっと長めかな?と思いますけど、ほぼ同じです。つまり今度の新型コロナウイルス感染症が、高齢者が重症化したり死んだりするっていうのは嘘です、はっきり言えば。

それはデータに基づいてないんです。ただ老人を脅かそうと思っているだけです。普通の病気と同じタイミングで亡くなります。

 

ですから何の心配もありません。人間は必ず死にますから。死ぬから悪いわけじゃありません。それから、簡易的な診断方法が現時点ではありません。

PCRの設定値に問題

PCR法です。PCR法の難しさってのは、PCR法自体が悪いわけじゃないんですけど。PCR法が上手く動くためには、まず第1にウイルスが喉にどのくらい付いたら危ないか。

大体今だったら1万ってわかってますけど、2月13日わかっていませんから。そうするとあれ増幅するんで、増幅度を、ちょっと専門的なんですけど、30をとるか40をとるかで全然違うんです。

 

現在はわざと、新型コロナの患者さん増やそうとして37とか42とか使っていますが、だめなんです。25〜26くらいを使わないと。簡易的な診断方法としては有効じゃないんです。

僕のブログに対してファクトチェックとか言って、いい加減なことをカナダの女の人かなんかが言ってますけど、そういう問題じゃないんです。

 

もうちょっと勉強されて、それこそファクトチェックなんて言う限りは少しは勉強してやってほしいなという風に思います。

 

いずれにしても、良心的な医師会もいるということです。これが、良心的じゃない医師会、お金の医師会になると、どういうことを言うようになるか。

また、病院ってのはお金を儲けるために医師会がどういう工夫をしてるかということも、お話をしたいと思います。

あなたにおススメのページ

日本医師会の問題点/医療崩壊はなぜ起きる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。